• TOP
  • プロフィール
  • 会員ページ
  • 協会加入のメリット
  • 各種助成制度
  • 協会行事予定表


HOTニュース/平成28年分

 ■ 平成28年度物流セミナー
      ~「裏舞台から見た政治経済」というテーマで須田慎一郎氏が講演~
 11月22日(火)、荷主企業を含む351名が出席して、びわ湖大津プリンスホテルで物流セミナーが開催されました。講演に先立ち田中亨会長から、10月に開催した『滋賀県交通安全フェア』や人材確保のために行っている物流出前講座など、協会の取り組みについて紹介と報告が行われました。
 また来賓を代表して、岡田研二近畿運輸局滋賀運輸支局長からご挨拶をいただいた後、経済ジャーナリストの須田慎一郎氏が『裏舞台から見た政治経済~日本再生のために何が必要か~』というテーマで講演を行いました。
 須田氏は冒頭、今年一番の想定外としてアメリカ大統領選挙に触れ、トランプ氏の勝利の背景にはアメリカ国内の経済問題があり、「政治と経済は完全に表裏一体なので、政治がどういう方向に進んでいくかを見極めるためには、経済の動きを注視しなくてはならない」と指摘しました。
 1月解散2月総選挙については、「最大の景気対策は年明けの通常国会で新年度予算をスムーズに成立させることなので、現在の経済状況で解散は90%あり得ない」と述べました。
 また、「景気は回復するのか?」という問いに対して、「バブル経済の崩壊を境に日本経済は体質、仕組みが大転換した。少なくともみなさんの生きている間には、人並みのことさえやっていれば収入が増えた戦後の景気拡大期のような状況にはならない」と明言しました。
 そして、「安倍総理が掲げる一億総活躍社会は、働ける人には働いてもらって世帯単位の収入・消費を増やしていくというもので、女性や高齢者が働くようになると社会のありようも変わる。"一億総活躍関連マーケット"を新たなビジネスチャンスとして、発想を転換してこれから成長する新たな市場を見極め、ビジネスにつなげていける者が勝ち残って景気回復を実感できる」と述べ、発想転換の大切さを訴えました。

 ■ 第9回 ぐるっと・びわ湖・クリーンアップ活動
      ~会員と家族約1,700名が琵琶湖を囲んで一斉清掃を実施~
 11月6日(日)、朝から冷たい風が吹き付けるあいにくの天気にもかかわらず、協会7支部から約1,700名の会員企業とその家族が参加して、第9回「ぐるっと・びわ湖・クリーンアップ活動」が開催されました。
 トラック総合会館前駐車場で行われた出発式で、田中亨会長は「道路への感謝の思いを込め、また世界に誇る琵琶湖を守るため、清掃活動に取り組んでほしい」と挨拶しました。
 また、村上浩世琵琶湖環境部長からは、協会の環境保全に対する取り組みに対する、三日月大造知事の感謝のメッセージが紹介されました。
 その後、湖南支部と甲賀支部の約740名の参加者は、総合会館周辺のそれぞれの受け持ちエリアへ移動、安全に配慮しながら湖周道路の歩道を歩いて、空き缶やペットボトル、たばこの吸い殻などを回収しました。


 またこの日は、県内7カ所の道の駅等で、『滋賀にキラリ輝く七つ星事業』や『滋賀県交通安全フェア』など協会の事業に対する認知度や、トラック運送業に対するイメージについてアンケート調査を行いました。
 「道の駅・グリーンプラザからすま」では、"とらっくん"も応援に駆けつけて、ドライバーや買い物客に「ポイ捨て禁止」をPRしました。

 ■ ステージや体験コーナーで交通安全をアピール 『滋賀県交通安全フェア』を開催!!
 平成28年10月15日(土)、滋賀県トラック協会、滋賀県バス協会、滋賀県タクシー協会の事業用自動車3団体主催による『滋賀県交通安全フェア』が「楽しく学ぼう交通ルール」をスローガンに竜王町総合運動公園ドラゴンハットで開催されました。このイベントは、交通死亡事故ゼロに向け毎年滋賀県トラック協会が独自に開催してきた交通事故防止総決起大会が今年50回の節目を迎えるにあたり、事業用自動車3団体が滋賀県との共催により交通安全に特化したイベントにリニューアルし開催されました。滋ト協田中亨会長の開会宣言で始まったオープニングセレモニーでは、1分間の黙祷を行って交通事故犠牲者を追悼した後、主催者・共催者を代表して三日月大造知事が「県レベルの交通事故防止大会として初めての関連機関団体が力を合わせて開催した意義深いイベントで、交通安全について学び、一緒に交通事故のない滋賀をつくるためにがんばりましょう」と挨拶を行いました。
 近畿運輸局滋賀運輸支局長表彰、ゴールドマイスター・マイスター認定者、滋賀県事業用自動車無事故・無違反運動表彰などに対する表彰式では、129名の受賞者を代表し、太陽運輸(株)の速水強さんが、「死亡事故ゼロを達成できるよう、模範となって無事故無違反の記録を更新していきたい」と、感謝と誓いの言葉を述べられました。

 会場には20を超える交通安全体験コーナーのほか、パトカーや白バイなど特殊車両の展示コーナー、地元竜王の食を楽しむ飲食ブース「ドラゴン屋台村」なども設けられて、延べ20,000人が会場を訪れ終日にぎわいました。また、ステージでは、交通安全紙芝居やアミンチュ親子交通安全劇場、アイドルグループ"フルーレット"などの楽しいステージ、特別司会にタージンを迎えたお楽しみ抽選会が行われたほか、滋ト協マスコットキャラクター"とらっくん"とトラック協会の女性経営者、女性ドライバーが登場して、ドライバーの仕事や安全のために普段心がけていることなどをアピールしました。
 そして、最後に湖南市出身のボクサーでWBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介さんが登場し、交通安全宣言を高らかに読み上げ、第1回のフェアを締めくくりました。

 ■ 平成28年度通常総会 田中亨会長を再任、課題解決と業界発展を誓う
 5月27日、一般社団法人滋賀県トラック協会と、陸上貨物運送事業労働災害防止協会滋賀県支部の平成28年度の通常総会が、琵琶湖ホテルにおいて開催されました。開会にあたり、田中亨会長は「『継続・刷新・結束』をコンセプトに、さまざまな課題に一つひとつ取り組んできた。28年度も安全の見える化を図り、若者が働きたいと思えるような魅力ある業界になるよう、さまざまな事業を計画書に盛り込んだ」と挨拶しました。
 平成28年度の滋賀県トラック協会会長表彰と、全日本トラック協会会長表彰、”正しい運転・明るい輸送運動”表彰の伝達に続き、甲斐切稔副会長を議長に選出して議案審議に移りました。「平成27年度事業報告及び収支決算報告書の承認について」「平成28年度会費の額及び納入方法(案)について」「平成28年度事業計画及び収支予算書について(報告)」などが審議され、いずれも拍手をもって承認されました。
 また、第5号議案「役員の選任について」では、新役員候補が承認された後、三役選出の理事会が招集され、田中会長が再任されたほか、外村善一理事、甲斐切稔理事、中西栄理事、松田直樹理事が副会長に、種村馨理事が専務理事に選出されました。
 総会終了後、三日月大造滋賀県知事ら来賓を迎えて懇親会が開催され、田中会長は2期目に向けて今後の抱負を述べ、業界の発展に尽力することを誓いました。

 ■ 平成28年度 第9回エコ・セーフティドライブコンテスト
      ~第48回全国トラックドライバーコンテスト選考会を開催~
 5月14日(土)、恒例となったエコ・セーフティドライブコンテストと全国トラックドライバーコンテストの選考会が、クレフィール湖東交通安全研修所で開催されました。
 開会式では「さすがはプロドライバーと言われるような技能とマナーを発揮してほしい」と田中亨会長が選手を激励、岡田研二近畿運輸局滋賀運輸支局長ら来賓の応援メッセージに続いて、江州運輸(株)の戸屋慎一郎さんが選手宣誓を行いました。
 まず全員が学科競技に取り組み、日本通運株式会社の新庄直樹さんによる点検競技の模範演技に続いて、3つのグループに分かれて、セーフティ走行競技、エコドライブ競技、日常点検競技に挑みました。


 今年は4人の女性ドライバーを含む59人の参加者が、日頃の積み重ねやこの日のために行ったトレーニングの成果を出そうと、爽やかな青空の下真剣に競技に取り組みました。
 閉会式では、クレフィール湖東交通安全研修所の仁井原好一所長の競技総括に続いて、中西栄副会長が交通安全研修所のインストラクターやディーラー各社、コンテストの運営を支えたスタッフに謝意を表わし、選手全員の健闘を讃えて閉会の辞としました。



 ■ 交通安全への願いを込めて琵琶湖一周キャラバン隊が出発
 4月6日(水)、滋賀県トラック協会や滋賀県バス協会、関係団体など約100名が参加して、大津市のなぎさ公園で春の全国交通安全運動オープニング式が開催されました。
 主催者である滋賀県交通安全協議会の三日月大造滋賀県知事や、渡邊国佳滋賀県警本部長、越直美大津市長の挨拶に続いて、ひかり保育園の園児たちがジュニアポリスの制服姿で登場、交通安全への願いを込めて『虹の向こうに』を演奏しました。
 そして、「ドライバーのみなさん、いつも思いやり運転で、スピードを出し過ぎず、 シートベルトを必ずしてください」とメッセージを送りました。
 続いて、江若交通株式会社の山本久視さんと清水運送株式会社の清水千春さんがドライバーを代表して、「事故のない安全・安心なまちづくり」「安全思想の普及」「ゆとりと思いやりのある運転で子どもや高齢者を事故から守る」「飲酒運転の根絶」を誓う安全宣言を読み上げました。
 昨年に引き続き、安全への願いを繋いで琵琶湖を一周する 「交通安全びわ湖キャラバン隊」の出発式が行われ、県警の白バイ隊を先頭に、事故ゼロを訴える横断幕をつけたトラックやバスが続々と出発していきました。

 ■ 新年祈願祭・理事会を開催
 平成27年1月8日(金)、多賀大社において恒例の新年祈願祭が執り行われました 。
 当日は協会を代表して、田中会長をはじめ、理事・監事・安全環境委50数名が参拝し、一年間の無事故無災害並びに商売繁盛を祈願しました。
 引き続き第319回理事会が開催され、平成28年度協会運営の基本方針や当面する諸問題等についての審議が行われました。
 

 <平成28年度会長基本方針>



PAGE
TOP

  Copyright(C) Shiga Trucking Assosiation All rights riserved.